Welcome to

ライカでお気楽トンボな一日

Home / 未分類 / Eテレの番組に梅木好彦さん、久代さんが

Eテレの番組に梅木好彦さん、久代さんが

コンパネアート展、来て頂いた皆様、応援してくれた仲間たち、ありがとうございました。続けていけば何かが見えて来ると信じています。そんな事が結実した今回のトタン小屋展だったと思います。あっと言う間に月日は流れます。本当にありがとうございました。

昨夜、味土野(弥栄町)で暮らす梅木好彦さんと久代さん夫婦がEテレに出ていた。梅木さんから、NHKが取材に来て、僕が撮らせてもらった結婚式の時の写真が出るから見てと言われてた。たまたま皿を洗ってたら始まり見てると、初めて木子でお会いして、その後、ずっと撮らせてもらっていた梅木さんの姿、そして聾唖の暗闇から夫婦となられた久代さんの姿があった。木子の古い家のタカ(屋根裏部屋)で寝ておられた頃の、姿も映像で流れた。ボランティアで人に関わる事は、一過性のものであってはならない、その一貫したものの捉え方が昔も今も変わらず涙が出た。この世の中に天使がいるとしたら梅木さんもそうではないだろうか。若い頃から、彼のような人と関われた事を幸せに思っている。時々、出会う梅木さんは、少しずつおじいさんになっていく。でも僕の頭の中は、当時、31歳だった彼の顔が常に重なっている。はにかんだ表情が懐かしい。お茶でもよばれに行ってこようかなぁ。
※4番目の写真、毎日放送がお二人を一年間追いかけて取材したドキュメンタリーの中で、撮影シーンと梅木さんのタキシード姿に僕が吹き出すところも映っていた。あーなつかし。
umekisan

'